お召艦時代の比叡神戸にて

お召し戦艦大和

2015/04/12

スポンサーリンク

両陛下、おかえりなさいませ

10年に及ぶ願いを叶えさせ給い、天皇・皇后両陛下がパラオよりご帰国になられましたね。

誠にありがたき事ですが、一つ気になった事があります。
それはご宿泊が海上保安庁の巡視船「あきつしま」であったことです。

海上保安庁がイカンとか、「あきつしま」の船長室にお泊めしては両陛下に失礼である、とかそういう事ではありません。海上保安庁はあくまでも警察組織ではありませんか?
日本国内の行幸なら良いでしょうが、パラオは小なりといえど外国ですので、儀礼上いかがなものかと考えるのです。

お召艦時代の比叡神戸にて

神戸港停泊中のお召し艦比叡

やはり外国と対等にお付き合いする時、一国を代表すべき船舶は軍艦をおいて他にはありません。我が国で言えば海自の艦艇以外にはないと思います。

さらに、もっと大切な警備上の問題があります。
「あきつしま」は大型巡視船ではありますが、両陛下を守護申し上げるにはあまりにも武装が軽すぎる。武装とは防御力も含んで申し上げています。

この先、両陛下に限らず皇室外交への要望は強まるでしょうし、それをお断りになる皇室とも思えません。一方で、ISILなどを持ち出すまでも無く、我が皇室に仇なさんとする輩は隣国にゴマンと蠢いている現状を見ねばなりません。

先帝陛下は

かつて先帝・昭和天皇は『お召し艦』でご移動なさいます事、しばしばでありました。
現在では航空機によるご移動となりましょうが、専用お召し艦をご訪問国に先乗りさせておく、などの運用で有効に使えるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

御大礼特別大観艦式のお召艦榛名

御大礼特別大観艦式のお召艦榛名

なにも天皇陛下専用とせずとも、皇族の海外訪問には(内陸国以外)必ず先乗りさせておけばよろしい。
艦にはヘリコプターは必須でありましょう。ご訪問中の万一の混乱の際に避難用となります。
当然ながら儀仗隊も必要ですし、警護のための陸兵も必要となりますし、晩餐会の返礼等に必要になりますから、シェフも一流を乗艦させなければなりません。

スポンサーリンク

これは海自だけでは無く、全自衛隊のエリート部隊を特別編成しなければなりませんね。

海外邦人の救出にもむろん使えますが、「陛下の特別の思し召し」が無ければ出撃出来ぬことにいたしましょう。災害派遣についても同様です。

以上、考えてみますと良いことだらけでありますが、困った事にこの艦はかなりの大艦となります。
速度はある程度(30ノットくらいかな)必要ですし、皇族のご乗艦を考えれば安定性も必須。
ヘリ搭載、宿泊施設、儀仗隊、宴会場・・・「いずも」以上の大型艦になります。
さらに防護が厳重で無ければなりません。

もっとも防御力が強い艦

このグループのメンバーさんであればご存じでしょうが、歴史上もっとも防御に優れた艦は『戦艦』であります。
その巨体と巨砲を語られる事の多い戦艦ですが、防御力もズバ抜けていました。巡洋戦艦など、大きさ・砲力で戦艦に匹敵しても防御力で及ばず、ついに戦艦のまえに砕け散ったものなのです。

現代のお召し艦もやはり現代の戦艦となるべきではないでしょうか?
いま、巨砲を持つ必要はなく、重装甲による防御でも無いでしょうが、攻防にバランスの取れた世界に冠たる大艦でなければなりませんよね。
私は艦名については「大和永久欠番派」なんですが、「お召し艦」なれば襲名賛成なんであります。

『お召し戦艦大和』出来ないかなぁ。
フェイスブックの投稿でも議論しています

スポンサーリンク

-帝國海軍, 戦艦 海に浮かべる鉄の城