秋月級イラスト

帝國海軍は護衛が大嫌いその2

2019/02/24

スポンサーリンク

戦史の大家、佐藤鉄太郎は潜水艦の脅威を予見したか

帝國海軍では、佐藤鉄太郎がヨーロッパの戦史を研究して「個々の船舶を護衛するんじゃなくて、海域を確保して通商路を保護するのだ」と考えた事は、「帝國海軍は護衛が大嫌い」の初めに紹介申し上げました。

上海に停泊する出雲イラスト

上海に停泊する出雲のイラスト

佐藤鉄太郎が現役中に、将来的には潜水艦が脅威になることは予見できた筈だ、と言うことも。

残念ながら、現実には佐藤はそこまでは読みませんでしたが、では実際の海軍の現場はどうだったのか?
大日本帝國海軍が日露の戦役時(対馬沖には間に合いませんでしたが)から潜水艦を意識していた事は良く知られていると思います。

フェイスブックでの議論はこちらで

初参加の小さな潜水艦が、海軍演習で

戦史叢書の「潜水艦史」から、日本の潜水艦の黎明期を見てみましょう。
潜水艇が徐々に海軍内で認知されて、演習に初めて混ぜて貰えたのは大正元年のことです。
第二潜水艇隊のC2型潜水艇3隻が赤軍に属して参加しました。

この時、青軍の司令長官を務めた出羽重遠中将のレポートが残っています。

「第三期の対抗中青軍主隊ハ三回潜水艇ノ襲撃ヲ受ケ 第一ハ大島ノ西方二テ給炭漂泊中 第二ハ野嶋崎ノ南西約十浬 第三ハ岡崎ノ南約十浬二テ 何レモ海上稍ヤ波高キ時ナリシ 而シテ三回トモ其ノ近接シ来ルヲ発見スル事能ハズ 河内、薩摩、出雲ノ三艦ハ一時廃艦トナレリ 尤モ其ノ魚雷発射ノ効率二至リテハ未定ナルモ兎二角前記ノ如キ範囲内二於イテ活動シ得ル程度二達シタル以上ハ 港湾防御ノ能力充分之アリト認ム」

 

波3型(C2型)

C2型潜水艦
後の「波3」潜水艦

「青軍」と言うのが我が軍、「赤軍」は共産主義者ではなくて仮想敵です。帝国海軍の対抗演習では常にこの呼称が用いられました。

スポンサーリンク

出羽重遠司令官によれば、青軍は赤軍の擁する潜水艦に3回も襲撃され、ただの一回も接近を察知できませんでした。しかも主力艦(戦艦)の「河内」「薩摩」と巡洋艦「出雲」を大破されています(「一時廃艦トナレリ」を沈没ではないと解釈/訓練時ですから、一時的に戦力から除外した、とも取れます)。

第一襲撃は給炭漂泊中とありますが、第二・第三の攻撃は状況への言及がありません。
位置は陸岸に近いですが、やはり給炭中であると見るのが妥当でしょう。石炭はしょっちゅう補給する必要がありましたから。

潜水艦のC2型と言うのは、最初の米国ホーランド型に続いて英国のヴィッカース社から購入したC型の内、資材を輸入して国内で建造したもの。

この項は帝國海軍の護衛嫌いを考えていますので、潜水艦の詳細は省きますが、まだまだ幼稚な段階を出ていません。排水量300トン弱、魚雷も発射管に詰めきりの2本だけなのです。

大損害も発見できず

悔しさの余りなのか、出羽中将は「尤モ其ノ魚雷発射ノ効率二至リテハ未定ナルモ」などと言っています。
でも魚雷をたった2本積んだ、3隻の小さな潜水艦が1回づつ攻撃をして、戦艦2隻と巡洋艦1隻を戦列から消し去ったんですよ。こんなに効率の良い戦法があるでしょうか?

外洋とは言えない海域での事ではありますが、この結果をどういう神経で「港湾防御ノ能力充分之アリト認ム」なん言えるんでしょうか?

私は潜水艦を防衛的に使うことに特に反対ではありません。
能力的(特に速度・居住性の面で)には防御的に使った方が良かったとさえ思っています。ですが、この出羽レポートの文面からどうやって「港湾防御ノ能力充分之アリ」なんでしょうか?

潜水艦の脅威を警告する人もいた

このレポートの欄外には付箋が添付されており、その内容は出羽レポートを否定しています。

今ヤ世界ノ潜水艇ハ遥カニ之レ以上ノ程度二達シオレルニ付 主力艦隊ノ同艇二対スル防御法トシテ駆逐艦ヲ見張リニ用フル事必要ナリト思フ 同時二潜水艇ノ凌波実験ト戦闘発射ヲ進歩セシムルノ必要アリ

この付箋は「艦政本部 小栗中佐」の署名があります。「小栗中佐」は艦政本部ですから、「造艦」の側ですね。反対の所見を披露している出羽中将はもちろん実戦側、用兵者側であります。

以上をまとめてみますと、実戦部隊では潜水艇の脅威を実感したにも関わらず、その潜水艇を評価して
「敵を待ちうけて、停泊地を護るんなら使い物になるんちゃうの?」
「もうちょっと攻撃の効率を上げなきゃね。」

とか言っているのに対して造艦側では
「敵はもっと凄いのを持ってるぜ?駆逐艦に見張りさせるのが良いと思うよ」
「潜水艇には、外洋でも自由に攻撃できるようにしてやらなきゃね」
と反論していることが判ります。

さて、皆さんはどちらの言い分の肩をお持ちになりますか?

スポンサーリンク

先に書きましたように、潜水艇が初めて海軍の大演習に参加したのは大正元(1912)年のことで、第一次世界大戦でUボートが暴れまわる前です。

しかしながら、日露の海戦は終わっていて機雷、水雷(潜水艦発射ではありません)の威力はすでに充分に認識出来ている段階でもあります。

潜水艦の探知手段

潜水艦の近接発見は海面に覗く潜望鏡を見つけるのが頼りですが、コレに大きく貢献するレーダーの開発は遅れていました。
帝国海軍の駆逐艦に対水上レーダーが装備されはじめたのは昭18(1943)年。
しかもまだ潜望鏡みたいに小さなものを探知できるほど高性能ではありませんでした。

同じく有力な潜水艦探知装置であったソナーについて見てみましょう。
その必要性が強く認識されるようになったきっかけは、軍事ではなく豪華客船タイタニック号の遭難事故でした。皮肉なことに、この事故は大正元年のこと。

音が海水中を高速で伝わって、それを遠方で探知出来ることはもっと早くから知られていました。
1914年に第一次大戦が始まり、ドイツ帝国のUボートが活躍し始めてから、英国や仏国でソナーの開発がスピードアップしました。
大英帝国海軍はドイツ帝国の無制限潜水艦戦開始(1917年2月から)に間に合わせるようにアクティブ・ソナーを駆逐艦などに搭載し始めています。

我が国でも、潜水艦を探知する手段としてこの装置が輸入されました。これを国内で改良して九三式水中探信儀(アクティブソナー)と九三式水中聴音機(パッシブソナー)が開発されています。

公試中の朝潮

公試中の朝潮

しかしその装備は遅くなりました。初めてソナーが装備された駆逐艦は昭和8(1933)年の朝潮型。
この時点ではソナーの性能としては決して低くは無かったと思われるのですが、その後10年以上改良もせずに放置されて旧式化してしまいます。

被探知回避能力が格段に向上(要は静かに潜れる)した第二次大戦型の潜水艦にはこの性能では通用しにくかったようです。

速度を上げちゃダメ!

その上、当時のソナーは速力を上げる(おおむね14ノット)と敵潜を探知出来ないのです。ところが、我が駆逐艦は高速を利して索敵・哨戒・先制攻撃と動き回るのが使命でした。
ほとんどの駆逐艦長が探知に気を使わず(使えず?)に戦場を駆け回ってしまったようです。

それも仕方のないことなのです、駆逐艦の乗組員は(艦長以下)だれも「対潜訓練」などほとんど受けてないんですから。

すべての原因は日本海軍上層部が潜水艦を軽視し、艦隊決戦に異常に偏った装備や訓練を行ったためではないでしょうか?

しかも、これらは全て敵の艦隊を叩く為の主力艦をどう護るかのお話。

戦力維持に直結する輸送船を護る必要なんて、露ほども考えなかった帝國海軍の首脳部でありました。

連合軍にも無かった新発想

そんな中で海軍航空技術廠の発明は私たちの気分を少しだけスカッとさせてくれます。
KMXと呼ばれる、航空機から潜水艦を探せる「磁気探知装置」を昭和18(1943)年に制式化、翌年4月に実戦配備したのです。
潜水艦は言わば鉄の塊ですから、存在すれば地磁気に影響が出ます。それを上空から探知するわけです。

潜水艦は磁気を帯びた鉄材で組立てられているため、艦の周囲には固有の磁場が発生する。KMXは、この磁気の変化を電流を流したコイルで検知する装置である。もし航空機に取付けられたコイルが、潜水艦が発生させる磁場の中を通過すれば、コイルには起電力が発生する。海水は、光や通常のレーダーで用いる波長の電磁波を吸収する性質を持つが、磁場は海水でも透過する性質を持つため、海中深くに存在する潜水艦を探知することができる。

ただしKMXの実用化に際しては、潜水艦からのわずかな起電力を検知するための増幅器、また地球の地磁気の影響を排除する電気式転輪装置、航空機自体が発生させる過電流のノイズを排除する打ち消し回路が必要だった。特に地球の地磁気は潜水艦の磁気より数千倍強く、機のコイルが角度を変更するとたちまち強い起電力を発生させ、潜水艦の識別を不能とした。KMXの有効探知範囲はさして広いものではない。性能は敵潜水艦が3,000t級の質量を持っている場合、探知距離は直上距離160m、左右距離120mである。敵潜が1,000t級であれば直上距離120m、左右距離は90mであった。東海 (航空機)の場合、磁気の変化を検知すると、KMXは電信員のレシーバーに特徴的な音を鳴らし、また検流計の針が触れ、警報灯が明滅した。さらにブザーが鳴り、海面を着色させる信号弾が自動投下された。

東海

対潜哨戒機
東海

KMXを積んだ対潜哨戒機「東海」を装備した館山基地の第九〇一海軍航空隊では、3機編隊で捜索・掃討を行う戦法を考案し、短期間で15隻探知・6隻撃破(未確定)の戦果をあげています。

しかし、残念なことに既に太平洋上の制空権を喪失していく時期にあたり、低速が宿命の対潜哨戒機が活躍できる場所は多くはありませんでした。

スポンサーリンク

-帝國海軍, 政策・戦略・戦術, 潜水艦, 駆逐艦激闘譜
-, , , , ,