「 帝國海軍 」 一覧

旧海軍に関する項目全般

零と隼

帝国軍用機の開発2~陸軍の場合~

前回は海軍が航空技術廠(航空廠)を設置して予算を掛けて航空機開発に精を出していた ...

彗星

帝国軍用機1~海軍航空技術廠の功罪~

航空機が誕生すると、各国軍隊は軍事に活用する方法を探ります。もちろん大日本帝国も ...

防空巡洋艦五十鈴

5500トン級軽巡「五十鈴」の変身

5500トン級軽巡とは、大日本帝国日本海軍が大正半ばに建造した軽巡洋艦シリーズの ...

雪風

駆逐艦「野分」、逃げまくる

駆逐艦とは、フランスが整備を進める小型で敏捷な「水雷艇」から味方の大型艦を防護す ...

威海衛海戦のイラスト

国産巡洋艦「秋津洲」の誕生

明治27(1894)年の日清戦争を前に、帝国海軍は着々と戦力の整備を進めていまし ...

峯風型「夕風」

最後のトンボ釣り~駆逐艦「夕風」~

一流海軍には、裏方仕事に徹する小艦艇がたくさんあるものです。初めから「裏方さん」 ...

ウルヴァリン

鳳翔、外輪式空母に敗れる

大東亜戦争は工業力と技術力の競争だったと同時に、兵員の損耗をいかに補充するかの戦 ...

戦時標準船せりあ丸

貨物船「パトリック・ヘンリー」

「パトリック・ヘンリー」なんて、聞いたことも見たこともない方がほとんどではないで ...

薩摩

忘れられた帝国領

第一次大戦の敗戦国ドイツ帝国の広大な植民地は「委任統治」と言うカタチで処理される ...

F35B

オレンジ計画異聞

第一次大戦が終わると、アメリカ海軍は「オレンジ計画」と呼ばれる、次に来るであろう ...

烈風1

「疾風」と「烈風」6~失敗作~

一七試艦上戦闘機(A7M1=烈風)の試作第一号機は、開発開始から2年も掛かって昭 ...

極光?

マラリア、日本を救う

マラリアという病気をご存じでしょうか。電脳大本営を読んでくださるほどの方なら、多 ...

疾風vs.P51

「疾風」と「烈風」2

昭和16年12月29日。大日本帝国陸軍は最高速度が680km/hを越え、20ミリ ...

信濃に着艦する紫電改

紫電と紫電改5~エンジン~

紫電と紫電改について書き始めたら、思わぬ好評を頂き、調子に乗って今回でもう5編目 ...

【太平洋戦争下における日米航空産業の生産・品質管理技術の懸隔に関する考察】 -大量生産ノウハウの蓄積の観点から-

《はじめに》 太平洋戦争は、航空戦力の優劣が勝敗を決する最も重要なファクターの一 ...

紫電改のタカ滝丈太郎

紫電と紫電改4~生産~

紫電と紫電改は大日本帝国海軍が待ち望んだ新型戦闘機となりました。米軍の大馬力の戦 ...

紫電改

紫電と紫電改3

いよいよ、紫電と紫電改は国防の、防空の最前線へと飛び立ちます。「元祖曲芸飛行師」 ...

紫電改

紫電と紫電改2

さて、こうして出来上がった新型戦闘機「紫電」でしたが、主脚の欠陥は軽視出来ません ...

瀬戸内海を飛ぶ紫電

紫電と紫電改1

大東亜戦争が中盤に差し掛かると、米軍には大馬力エンジンを搭載して高速・重武装を誇 ...

戦艦三笠イラスト2

パンとおにぎりと日本海海戦

日本人はコメをこよなく愛して喰い続けてきました。それは「海の男だ、艦隊勤務」の水 ...