「 航空機 」 一覧

ツェッペリン飛行船団による英国本土戦略爆撃 ‐第一次世界大戦下の『バトル・オブ・ブリテン』-第5章:敗北、そして 1919-

>目次はこちら >4章後篇はこちら 1918年11月、中欧同盟諸国の ...

秋水空戦イラスト

日欧連絡路とロケット戦闘機

アメリカの民間を狙った戦略爆撃に苦しめられる大日本帝国。 陸海軍の輿望を担って、 ...

イ号一型乙誘導弾-イラスト

帝国海軍の自動操縦研究

大日本帝国海軍が隠れた名機を遠隔操縦して運用しようとしていた、と言うお話でありま ...

パールハーバーで朝食を

史上初めての空母機動艦隊による「軍港空爆作戦」でありました大日本帝国海軍のハワイ ...

プロペラ髭と大艦巨砲と帝国空軍

大日本帝国陸海軍は明治42(1909)年7月に共同で「臨時軍用気球研究会」を設立 ...

ツェッペリン飛行船団による英国本土戦略爆撃 ‐第一次世界大戦下の『バトル・オブ・ブリテン』-第4章:最後の戦い 1917-1918(後編)

>目次はこちら >前編はこちら 1917年10月の対英爆撃において多 ...

ツェッペリン飛行船団による英国本土戦略爆撃 ‐第一次世界大戦下の『バトル・オブ・ブリテン』-第4章:最後の戦い 1917-1918(前編)

>目次はこちら >3章後篇はこちら 1917年3月、英国本土で防空任 ...

ツェッペリン飛行船団による英国本土戦略爆撃‐第一次世界大戦下の『バトル・オブ・ブリテン』- 第3章:ロンドン上空の死闘 1916 後編

>目次はこちら >前編はこちら ブリテンの空に束の間の平穏が訪れてい ...

ツェッペリン飛行船団による英国本土戦略爆撃 ‐第一次世界大戦下の『バトル・オブ・ブリテン』-第3章:ロンドン上空の死闘 1916 前編

第3章:ロンドン上空の死闘 1916(前編) >目次はこちら >2章 ...

タイガーキャット

化け猫の系譜・奇数猫と双発戦闘機編

アメリカ・グラマン社の艦上戦闘機は「○○キャット」と名付けられて、大日本帝国陸海 ...

零と隼

帝国軍用機の開発2~陸軍の場合~

前回は海軍が航空技術廠(航空廠)を設置して予算を掛けて航空機開発に精を出していた ...

彗星

帝国軍用機1~海軍航空技術廠の功罪~

航空機が誕生すると、各国軍隊は軍事に活用する方法を探ります。もちろん大日本帝国も ...

ウルヴァリン

鳳翔、外輪式空母に敗れる

大東亜戦争は工業力と技術力の競争だったと同時に、兵員の損耗をいかに補充するかの戦 ...

烈風1

「疾風」と「烈風」6~失敗作~

一七試艦上戦闘機(A7M1=烈風)の試作第一号機は、開発開始から2年も掛かって昭 ...

極光?

マラリア、日本を救う

マラリアという病気をご存じでしょうか。電脳大本営を読んでくださるほどの方なら、多 ...

疾風vs.P51

「疾風」と「烈風」2

昭和16年12月29日。大日本帝国陸軍は最高速度が680km/hを越え、20ミリ ...

信濃に着艦する紫電改

紫電と紫電改5~エンジン~

紫電と紫電改について書き始めたら、思わぬ好評を頂き、調子に乗って今回でもう5編目 ...

【太平洋戦争下における日米航空産業の生産・品質管理技術の懸隔に関する考察】 -大量生産ノウハウの蓄積の観点から-

  《はじめに》 太平洋戦争は、航空戦力の優劣が勝敗を決する最も重要な ...

紫電改のタカ滝丈太郎

紫電と紫電改4~生産~

紫電と紫電改は大日本帝国海軍が待ち望んだ新型戦闘機となりました。米軍の大馬力の戦 ...

紫電改

紫電と紫電改3

いよいよ、紫電と紫電改は国防の、防空の最前線へと飛び立ちます。「元祖曲芸飛行師」 ...