「 人物 」 一覧

瀬戸内海を飛ぶ紫電

紫電と紫電改1

大東亜戦争が中盤に差し掛かると、米軍には大馬力エンジンを搭載して高速・重武装を誇 ...

竹槍VSB29

竹槍事件の真相~売国侮日新聞の伝統~

昭和19年2月23日の朝の事です。配達された「東京日日(現在の毎日)新聞」の朝刊 ...

雪風

魚雷今昔1

明治28年2月4日深夜のことであります。清国北洋艦隊が潜む極寒の威海衛軍港に、我 ...

重爆「飛竜」

陸軍雷撃隊3~復仇~

初陣を果たしたものの、敵艦隊に大きな損害を与えられず、出撃機の約半数を失った「陸 ...

重爆「飛竜」

陸軍雷撃隊その2~初陣~

わざわざ海軍の指揮下に入ってでも、敵輸送船団を雷撃したい陸軍航空隊。飛行98戦隊 ...

重爆「飛竜」

陸軍雷撃隊その1~誕生~

「魚雷を下さい」と言う悲痛とも思える言葉から、「陸軍雷撃隊」は実現に向けて動き始 ...

松型駆逐艦

最後のささやかな勝利

大東亜戦争末期(昭和19年12月26日)大日本帝国海軍はフィリピン・ミンドロ島に ...

目立たない功績7~標的艦たちの生涯~

軍艦の砲撃というものは当たらないモノでした。 敵は動き回るし波で揺れるし、そもそ ...

漁船イラスト

黒潮部隊は太平洋に消えた~皇国の盾たらん~

1942年2月25日の事でありました。 前年の12月初旬にはるか太平洋のハワイを ...

戦艦「大和」内務科~帝国海軍のダメコンは駄目だったのか~

世界の主要な海軍国、イギリス・アメリカ、そして大日本帝国はそれぞれ、長く機関要員 ...

九六式2号艦戦イラスト

片翼帰還のエースたち

「エース(撃墜王)」は戦闘機操縦者にとって、憧れの称号でしょう。第一次大戦で飛行 ...

敬礼する水兵

臨機調事件~タービン翼欠損の本質~

大日本帝国海軍はその誕生から滅亡に至るまで、幾多の栄光に包まれているのですが、栄 ...

荒井広宙

支那・超汚染に負けない宣伝戦

「南京大虐殺」も「百人切り」も「追軍売春婦」も、主体は違えど対日嘘宣伝の結果。 ...

習近平イラスト

長崎事件と明治大帝~「無法国家」支那との付き合い方~

支那の無法・傍若無人ぶりは、心ある人たちがあちらこちらで指摘し非難しているところ ...

三笠奮戦イラスト

日本海海戦で戦ったピアノ

20世紀になってすぐの、古いお話であります。 アルゼンチンは隣国チリと対立してし ...

神風アタックを受ける戦艦テネシー

特攻を企画した卑怯者2~桜花を創った真犯人~

「桜花」を発案して、生産を推進したチャラ男を皆さんはご存知でしょうか? 桜花の発 ...

submarin707

佐久間艇長の真実2

世界の海軍が「サブマリナーのお手本」とした第六潜水艇の佐久間艇長と乗員たち。 し ...

submarin707

佐久間艇長の真実1

1905年5月15日、旅順港を閉鎖中の我が戦艦「富士」と「八島」があいついで触雷 ...

引揚げられた陸奥の主砲塔たぶん2番

戦艦陸奥の爆沈から帝国海軍の体質が透けてくる

昭和18年6月8日正午、柱島泊地に停泊中の戦艦「陸奥」は突如大爆発を起こして一瞬 ...

佳子さま

二つの義手を持つ男~国のために死ぬのは良いことだ~

「ユダヤ陰謀論」というものが昔からあります。 ユダヤに限らず、陰謀が陰謀論として ...