「 人物 」 一覧

メルカバ

国のために死ぬのは良いことだ

「ユダヤ陰謀論」というものが昔からあります。 ユダヤに限らず、陰謀が陰謀論として ...

目立たない功績7~標的艦たちの生涯~

軍艦の砲撃というものは当たらないモノでした。 敵は動き回るし波で揺れるし、そもそ ...

零の空戦

敗戦前の対馬海峡を飛んだ飛行機 

制空権を喪失し、危険極まりない状況の対馬海峡を、原爆を落とされた広島から半島へ、 ...

零の空戦

撃墜王(エース)と呼ばれなかったヒーロー

「エース」といっても、もちろん野球の投手のお話ではありません。 下駄履き(フロー ...

甲標的戦記4~防衛~

初めて生還者を出したものの、艇の方は使い捨てになってしまい、低調になった「甲標的 ...

イ27

甲標的戦記3~生還~

シドニーとディエゴ・スアレスに対する攻撃で、ついに戦果を挙げた「甲標的」 しかし ...

甲標的戦記2~第二次攻撃~

洋上で敵の主力艦を雷撃するために誕生した「甲標的」 潜水艦に搭載されて、真珠湾攻 ...

9軍神の油絵

甲標的戦記1~真珠湾へ~

大日本帝国海軍は日露戦争後、営々と準備してきた「漸減邀撃構想」を何故か放棄し、ハ ...

submarin707

佐久間艇長の真実2~水中高速潜~

世界の海軍が「サブマリナーのお手本」とした第六潜水艇の佐久間艇長と乗員たち。 し ...

submarin707

佐久間艇長の真実1~事故~

1905年5月15日、旅順港を閉鎖中の我が戦艦「富士」と「八島」があいついで触雷 ...

支那の河川を航行中の雷

殿様も宮様も戦場に2

華族が潜水艦に乗ってたのは判ったけど、さすがに皇族は? いえいえ、大東亜戦争中で ...

アイキャッチ

殿様も宮様も戦場に 1 華族編

大日本帝国の男性の皇族は陸軍か海軍に入ることが「義務」でした。 たとえば、コチラ ...

重爆「飛竜」

陸軍雷撃隊~復仇~

初陣を果たしたものの、敵艦隊に大きな損害を与えられず、出撃機の約半数を失った「陸 ...

重爆「飛竜」

陸軍雷撃隊~初陣~

わざわざ海軍の指揮下に入ってでも、敵輸送船団を「雷撃」したい陸軍航空隊。 飛行9 ...

重爆「飛竜」

陸軍雷撃隊~誕生~

陸軍の航空隊は大陸での航空作戦を本務としていて、洋上で敵艦船を攻撃する必要などあ ...

ヴァリャーグ着彩

ロシアの英雄艦2~戦争は外交の延長~

ロシア皇帝の方針で38度線より北じゃないと軍事行動できないのに、南の仁川に配置さ ...

横浜に入港したホワイトフリート

ホワイトフリート、太平洋へ

明治40(1907)年12月、バージニア州ハンプトン・ローズを出港したアメリカ艦 ...

救助活動イラスト

徴兵制の真実

私は日本には徴兵制が必要だと思っています。何度も申し上げてるんですが、ほとんどご ...

かが軍艦旗掲揚

帝国海軍のこんなこと

大東亜戦争のころの軍隊は、陸軍・海軍ともに兵隊さんも将校さんも男ばっかりでありま ...

予科練カッター訓練

帝国海軍スポーツ物語

ラグビーワールドカップ日本大会では、南アフリカが三回目の優勝を飾り、我がブレイブ ...